敦高18年ぶり決勝進出

母校の敦賀高校が、高校野球福井県大会で18年ぶりに決勝に進出しました。

準決勝は武生商業に4-3で辛くも逃げ切り。本当は7-2くらいで勝っておかないといけない試合内容でした。それが不満。

決勝の相手は、坂井高校(旧春江工業)。

はっきり言って、うちの下馬評は良くない。

でも、そもそも今年は評価が低かった。1回戦敗退候補だったのだから。

それが、あれよあれよと決勝まで来ました。

ここまで来たのだから気負うことなくもう一踏ん張りしてほしい。

よく無欲の勝利と言うけど、私は無欲の勝利なんてないと思う。欲のない人は勝負事なんてしないと思っているからw。